1 YUKI AOYAMAのニューヨークでの1日

〜ご挨拶〜

 みなさんこんにちは、アシスタントのカウルです。僕は今、出張アシスタントでニューヨークに来ております! ニューヨークで何をしているかというと、青山さんの作品であるソラリーマンの写真をニューヨークで撮るアシスタントをしに来ているのです!

↑こんな感じの写真です。元々はお父さん一人で飛んでいる写真を撮っていたのですが、最近ではむすめと!ソラリーマンという娘と一緒に写っている写真も撮っていて書籍にもなっています。 ニューヨークではさらに幅を広げて、むすことソラリーマンや嫁とソラリーマンなどと色々なパターンで写真を撮っています。

 今回このノートでは青山さんがニューヨークでどのような1日を過ごしているのか、このアシスタントのカウルがレポートしていきたいと思います^^ 写真をいっぱい使ってわかりやすく説明していこうと思うので是非ご覧になってください。


早速どのように1日を過ごしているのかレポートしていきます!
 まずは前日に次の日に入っている撮影の時間と場所の情報が青山さんから送られてきます。 僕は時間に間に合う様、移動方法を調べて出発時間を提案するのです ※僕と青山さんは階の違う同じゲストハウスに滞在しています、楽ですね笑

荷物はこのリュックを貸していただき機材もこの中に入っています。 中身はというと、、、

どどん! ペンタックス645、大きいですねはい、えぇ見ての通りすごく重いですはい笑 変えのレンズやその他機材が少々入っている危険なリュックです(重さが)

そして出発の時間になったら玄関で落ち合います。

テクテク

見えました、地下鉄入り口です。日本の駅に比べて少し分かり辛いですね、、しかも少し異様な雰囲気。
降りてみると

こんな感じでどっち方面に行くか。そんな感じで乗る線が変わります! 一人目の撮影する方はセントラルパークの近くでお会いするのでマンハッタン&ブルックリン方面へ乗ります。


写真家・青山裕企が主催する、東京・早稲田にあるユカイハンズ・ギャラリーと、出版レーベル・ユカイハンズパブリッシングの公式ツイッターです。主にアシスタントがつぶやきますが、たまに青山もつぶやきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。