2021.10.20 | アシスタント日記(石迫)
見出し画像

2021.10.20 | アシスタント日記(石迫)

こんばんは!
アシスタントの石迫です。

なんだか急に寒くなってきましたね。
僕の大好きなラテやカプチーノが美味しくなる季節がやってきました。
今回の写真は2年前僕がバリスタをしていた頃に撮ったカフェの写真です!

思ったより上手く撮れてたけど昔の自分の写真を見るのは恥ずかしいですね😇
カメラのことを何も知らない素人だったのでこんな時期もあったなぁと思っています。(思ったよりも上手くてビックリしてる)


さて今日のアシスタントでは短時間の撮影+青山さんとギャラリーでライティングの研究をしました。
撮影もライティングも多くのことを教えていただき贅沢な時間だったので、すこし日記で共有をしようと思います。

まずは撮影のことから。
今日の撮影は3人組の短時間撮影でした。
終始盛り上がって撮影をしており、撮影後青山さんに
「今日はすごく盛り上がってましたね」というと
複数人撮影にあたる際の注意点を教えていただきました。

ひとつめ、3人それぞれの立ち位置と関係性を見極める
1対3で円滑なコミュニケーションを図るために大切なことです。
ふたつめ、自然体なのか作っているのかをハッキリさせる
被写体に役を与えて写真に写すのか、ありのままを写すのかどちらが適正でどう変化するのかを見ます。
それを教えてもらって今日の撮影を振り返ると、青山さんが所々で自然に相手を誘導し、リアクションを見て会話を変えたり相手の良さを引き出している部分がありました。
まずそこですごく勉強になりました。

次にライティング研究です。
ここではライティングのコツというよりも成長の仕方を教わりました。
当たり前の事ですが、自分がどんなライティングを組みたいのか、何が足りないのかを理解すること。一つ一つの動作に理由をもってライティングを変えてみること。メモを取ること。次回に活かすこと。
それら全てを言語化しようとするとかなり難しく、それは自分が本当の意味で理解できていないからだと思いました。
まだまだ写真は奥が深く、これからどんどんスキルを伸ばしていきたいと感じた一日でした。

皆さんは充実した一日を過ごせましたか?
それではアシスタントの石迫でした。

写真家・青山裕企が主催する、東京・早稲田にある“ユカイハンズ・ギャラリー”と、出版レーベル“ユカイハンズパブリッシング”と、オンライン・コミュニティ“ユカイハンズ・カレッジ”の公式ツイッターです。主にアシスタントがつぶやきますが、たまに青山もつぶやきます。