見出し画像

2020.10.23 | アシスタント日記(オオギシ)

グッと寒くなりましたねこんばんは。
オオギシのアシスタント日記です。
気がつけば10月も後半戦。びっくりいよいよ年末です。(気が早い

アシスタント業務といえば
11月、青山さんの展示が連続で行われるということでバタバタとその用意に駆け回っているのであります。
自分も展示をおこなったりしてたのでこのバタバタは慣れっこやったんですがやっぱり規模が違うというだけでこんなにも違うのか!って感じです(プレスリリースうったことない。。こういう地道な活動がひつようですね
じぶんひとりではなかなか到達できないところなのでいつかこんな感じで大きくどーーーーんと展示をしてみたいものです

スクリーンショット 2020-10-18 4.09.19

わたくしごろであれなんですが、
Instagramのアカウントが2万フォロワーを超えたんです〜!
2016年に開設してからというもの毎日1枚投稿するって目標で日々続けてきました。継続は力なりとはよく言ったもので続けてきたからこそこんな大台に到達できました。
本業は映像だったのですが、自分の作品を作りたくて始めた作品アカウント。やっていくうえでいろんな自分の知らなかったことがわかりました。
フィルムっぽいのよりデジタルっぽいのが好きだったり、風景が好きと思ってたら人物撮影も意外と楽しいと気付けたり。ほぼ毎日投稿するように写真を編集してるのでその日の気分によって色の作り方が変わったりするんですよね。フィードを遡って見るとその期間の気分というかバイタルがなんとなく色からわかるんですよね。(彼女ができたって期間はそれまで黒が強かったのにある時から色がやわらくなったって言われてすごい面白いなって。自分じゃ全然わかんないんですけど)

画像2


日々の忙しなく過ぎ去る生活の中じゃそんな機微になかなか気付けない。続けていくからこそ気付ける軌跡みたいなものがあるっていいなと思うんです。日々の生活のなかでは大きな変化に気付けなくても少しずつ変わっていった先で前よりもよくなってることは多いと思う。思いたい。
ぶっちゃけ毎日投稿することがしんどくなったりした日もあったんですよね。結果が伴ってなかったらなおのこと立ち止まりたくなっちゃう。でもそこで走ることをやめたらもったいないって走り抜けたあとなら感じる。

画像3

これ読んでいるあなたはなにか続けていることはありますか?
もしかしたら写真を撮ってる方が多いのかな。ただ撮るだけではなく、しっかり自分の中で見せれる形にして残していますか。
最近そんなことを考えます。
猛烈にプリントしたいだけかもしれません。笑

あれ、なんかすごい脱線して変なところに着地してしまった。
最近なんだか考えることが多いからそのせいです。
自分の作家性なり方向性について今一度考える時期なのかもなと思ってます。
そういう意味ではこのアシスタントはいい機会だったのかもしれないなとおもうのでありました。(ってまだ一ヶ月もたってないけど笑

久しぶりに自分の写真をプリントしてみようと思います。

オオギシトモヒロ

3
写真家・青山裕企が主催する、東京・早稲田にあるユカイハンズ・ギャラリーと、出版レーベル・ユカイハンズパブリッシングの公式ツイッターです。主にアシスタントがつぶやきますが、たまに青山もつぶやきます。

こちらでもピックアップされています

アシスタント日記|2020年10月
アシスタント日記|2020年10月
  • 19本