見出し画像

2020.2.3|アシスタント日記(境)

こんばんはアシスタントの境です。

今日ギャラリーの近所を歩いているともう梅が満開になっていました。
春の気配がそこまできているのだなと感じるとともに、風景や人物を撮る人は桜の開花時期が気になってくるのでは無いでしょうか?

ギャラリー前の神田川も両側に桜並木が広がり時期になると結構な人になるようです。

でもできれば人のいないところで綺麗に撮りたいと誰もが思う訳で...

そんな人にはちょっと時期をずらして桜撮影は如何でしょうか?

主に桜と言われるソメイヨシノではなく開花時期のズレた別の桜を撮りに行く、人の数は雲泥の差で結構快適に撮れたりするんです。

ソメイヨシノより前に咲くカワヅサクラ、ソメイヨシノの後に咲くヤエザクラ、両者はソメイヨシノよりも色が濃く、所謂映えを狙うなら断然こちらのサクラたちの方が良かったりするんですよ?

今年の春は色んなサクラを撮り比べてみるのも面白いかも知れません。

以上アシスタントの境でした。

2
写真家・青山裕企が主催する、東京・早稲田にある“ユカイハンズ・ギャラリー”と、出版レーベル“ユカイハンズパブリッシング”と、オンライン・コミュニティ“ユカイハンズ・カレッジ”の公式ツイッターです。主にアシスタントがつぶやきますが、たまに青山もつぶやきます。