見出し画像

2021.6.13 | アシスタント日記(星野)

ユカイハンズのアシスタントの星野です。


外の気温もものすごく暑くなり、もう夏かぁ〜早いなと思っていましたが
梅雨入りしたそうですね。(梅雨はもう終わったものだと勝手に思っていました)

東京では紫陽花も満開になり、
見つける度に心躍り、「梅雨も好きになれるなぁ」と思っているこの頃です。

さて、本日の日記ですが、
今日のアシスタントで行ったことの一部について書こうと思います!
本日は、青山裕企先生の写真展 少女礼賛の撤去とライティング研究などが主でした!

私は写真が好きなのにも関わらず、
お恥ずかしながら、
展示というものに、ほとんど行ったことがありませんでした。
これまで展示に触れたり興味を持ったりする機会がなかったのかもしれません。(写真集は好きでよくみていますが・・・)

そのため、展示という場所自体がとても新鮮で、
改めて青山先生の展示作品を拝見し
「展示いいなぁ・・・」と思いました。

写真を見て鳥肌が立ったのは初めてでした。
青山先生にしか撮れない、追求された「少女」の生を感じることができました。また、「少女」の目は、温かく、時にはアンニュイな表情で、私の心の奥にグッとくるものがありました。

本日は展示の撤去作業。

撤去にあたっては、手袋をして丁寧に、箱に1つ1つ入れていきました。
また、展示場の釘をはずしたり、備品の撤去、ゴミ捨てなど行いました。

私は、撤去の一連の流れを見たことがなかったので、雰囲気など勉強になりました。また、展示に行こう。と強く思えました。


そのほかライティング研究など行い、有意義な一日でした。
本などでも勉強も併せてしていこうと思った所存です。

では、この辺りで失礼します。

これからも暑い日が続きますが、帽子や日傘、日焼け止めなど暑さ対策に気をつけて行きましょう・・・!


星野

写真家・青山裕企が主催する、東京・早稲田にある“ユカイハンズ・ギャラリー”と、出版レーベル“ユカイハンズパブリッシング”と、オンライン・コミュニティ“ユカイハンズ・カレッジ”の公式ツイッターです。主にアシスタントがつぶやきますが、たまに青山もつぶやきます。