見出し画像

2020.10.11 | アシスタント日記(オオギシ)

グッと冷え込んできた今日この頃、いかがお過ごしですか?
今日の担当はオオギシですこんばんは〜
後藤さんの写真展 『聖域,nude』最終日でございました。

画像1

コロナ禍で感じたリアルイベントの良さ、みたいなものを感じながら在廊しておりました。
ネット上で閲覧できる電子データでの観賞、VRなど多種多様な試みで写真展示を続けようとしてくれていた大型展示会運営者さんたちには感謝しかありません。でもやっぱり写真は紙に印刷して出力してなんぼやないかって気持ちもどこかにあって。それを感じました。
大判で印刷した写真は強い! これですほんと。家庭用のA4プリントとは確実に見方が変わります。ましてやヌード写真。大きく引き伸ばされたプリントに圧倒させておりました。
後藤さんがいうには今回のプリントはピクトリコにお願いしたそうな。ぼくも好きですピクトリコ! セミグロスペーパーにはお世話になっております。というかピクトリコに発注することができるのか!という驚き。これには眼から鱗でした。さ、最高やん。。。(まぁそれだけ値段が高いのだろうとは思うのですが…)

画像2

展示期間中に作ったブックをすべて売り切ってご満悦で会期を終えた後藤さん近影です。
BASEでのネット販売も売り切ったそうですごいな、という一言です。。
ブック作るの楽しかった!とめっちゃおっしゃっていたのが印象的でした。僕もブック作りたい欲が沸沸と湧き上がる感じです。展示もいいな、大判印刷もいいな、、試してみたいことたくさんあります。
コロナでそういったものがもう以前のようにできないかもと悲観気味でしたが展示を後ろからみててまだまだできるっていう可能性みたいなものを感じました。もう年末に差し掛かろうとしている焦りみたいなものもありますが今年中にブック一冊ぐらいなにか作りたいと改めて決意を固めるのでありました。

画像3

これは今週関西に仕事で帰ってたときに撮った道頓堀です。
現代の妖怪かとおもいましたね。
雨が降って寒くなってきましたね、みなさんお身体には十分気をつけてくださいませ。
今日はこのぐらいで。ではまたどこかで。

オオギシトモヒロ

4
写真家・青山裕企が主催する、東京・早稲田にあるユカイハンズ・ギャラリーと、出版レーベル・ユカイハンズパブリッシングの公式ツイッターです。主にアシスタントがつぶやきますが、たまに青山もつぶやきます。