見出し画像

2020.10.3 | アシスタント日記(オオギシ)

お久しぶりですオオギシです(9/28ぶりデス、意外と早かった)
個人的なことであれですが9/30で前に住んでた家の鍵を引き渡し、10/1から新居での生活が始まりました家が汚いですこんばんは🦊

今日は青山さんが担当している写真の授業の同行でございました。
グラビアカメラマンになるには(要約)といった感じの内容の講義

画像1

個人的な夢のひとつにグラビア写真を撮影し雑誌の表紙を飾りたいというのがあります。昔からヤンジャンやスピリッツなどを漫画雑誌を読んでいたので自分には無理かもなんて思いながらも一度でいいからこういうのの撮影をしてみたいなーー!と思っておりました
なんやかんや大人になってこうやってやりたいことのひとつに近づいてくるのはドキドキします。チャンスが巡ってくるかは頑張り次第ですができる限り挑戦してみたいところ。。。

授業は青山さんの講義が前半戦、後半戦は実際にみなさんのカメラを使ってモデル撮影をしてみよう!というもの。
自然光をどう上手く使うかといったことを中心にレクチャーしつつ進めて行っておりました。

画像2

青山さんがレクチャーする際はあえて心の声を発するという感じで進めていくスタイルも。プロカメラマンはモデルを前に何を考え、どうモデルに指示を出すか。なかなか聞ける機会がないのでみなさん興味津々です。
青山さんのレクチャーが終わるとひとり3分でモデル撮影を進めていくというものでした。
普段ポートレート撮影をしている僕ですが、こんな風な撮影会的なところに参加したことがないのです! なのでみなさんが思い思いにモデルさんを撮影している光景を見て僕も参加して撮影したいぜ、、、!って気持ちに。ですがそんな時間もなく(当たり前だ)お預けを食らった犬のような気持ちでございました……。
受講生の後ろからここはこうするのに、、!とかあー!って感じでもどかしい気持ちでしたね。こうやって他人の撮影を見ることがなかなかないのでいい刺激を受けました。撮影したい…。
こういう勉強の場もいいなって改めて思ったのでした。
こんなのもあるみたいなのでもしご興味あればぜひに〜〜
写真の学校 青山裕企ゼミ-究極のポートレート術-
青山さんが撮ったものを最後チラッと見せてもらったんですがああいう風に撮影したのがこうなんだ!って感じでリアルタイムで見れるのは楽しいですね。あの指示がこういう絵作りになるって直結するのは新しい発見です(こういうのは実際に講義を受けてもらったらわかりやすいのです言語化難しい…)

という1日でございました。
日に日に日が短くなり寒くなりますね。
寒くなる前にみんなポートレート撮影しにいこ!
この沸沸と湧き上がった気持ちをぶつけるべく作品撮りをしようと思います、、!
それではまた〜〜!!

オオギシトモヒロ

6
写真家・青山裕企が主催する、東京・早稲田にあるユカイハンズ・ギャラリーと、出版レーベル・ユカイハンズパブリッシングの公式ツイッターです。主にアシスタントがつぶやきますが、たまに青山もつぶやきます。

こちらでもピックアップされています

アシスタント日記|2020年10月
アシスタント日記|2020年10月
  • 19本