見出し画像

2020.5.19|アシスタント日記(越後)

こんばんは越後です。
今日も1日アシスタントお疲れ様でした🌙

いつも作品を載せてコメントという形ですが、少し嗜好を変えて、noteのテーマに参加して写真について書いてみようと思います。

ゆたかさって何だろう

noteコンテスト説明より抜粋
・自分が心地よいと感じること
・自分にとっての特別な時間、場所、もの
・これから「ゆたかさ」「幸せ」の基準になっていくと思うもの、こと


「ゆたかさ」について
以上3つの事、あなたはどうですか? という企画です。

写真に置き換えると、スッと書いていけそうだなと感じました。


■自分が心地よいと感じること

“創作”に打ち込んでいる時間。
自分は今は写真というジャンルで色々な表現方法を模索しつつ、日々発表を続けています。
最近は動画や、後は自分の作品ではインタビューを撮って文字に起こしたり、写真を撮る、発表する以外にも色々やり始めました。
あまりに色々始めているため、写真一筋の人たちに怒られるかもしれません(笑)
「何故か?」考えた結果として、”創り””育てる”ことが好きなようです(まだ確信ではない)
要はコンテンツを創るということです。
自分は以前にも紹介させて頂いた作品で「秋葉人〜アキバビト〜」というテーマで
撮っていますが、今は色んなツールを使って、この秋葉人をどう表現しきるか
どう育てていくか考えるのが、楽しくてしょうがないです。
これからも、様々なものを見て、撮って考えが変わっていく部分があるかもしれませんが
今の言葉になります。

■自分にとっての特別な時間、場所、もの

共通の仲間と過ごす時間と場所。

これは自分の人生そのものかもしれません。
学校の友達とか、昔の会社の同僚とか全く連絡取らない人です(笑)
代わりにですが、有難いことに好きな事に一緒に打ち込んでくれる仲間には恵まれていると実感しています。
人付き合いって複雑ですが、その時々で一緒に打ち込める数名の仲間がいれば充分だと感じます。

■これから「ゆたかさ」「幸せ」の基準になっていくと思うもの、こと


やりたいこと、やれるだけ。

自分が目指してるような人や尊敬する人ってみんな思ったより生活面は「質素」なんですよね。
その代わり好きなこと、気になる事を、全力で取り組む。
自分も「写真で食べていく」事を目指す身ですが、その先には写真以外にも、もっとやりたいことがあります。
おじさんアニソンバンドも組みたいし、昔挫折した絵描きも再チャレンジしたい、秋葉原でカフェもやってみたいです。
結局こうやってやりたいこと実現していくのが幸せだとしたら、「お金」がもたらす「ゆたかさ」は些細なものかもしれないですね。

以上でしょうか。
これらは何となく個人的な考えですが、個々の作風に繋がるし、自分自身の証明したいものの棚卸しになると思います。

写真撮っている方を始め、クリエイティブな仕事で好きな事を実現してみたい人は、書いてみては如何でしょうか?

越後大樹

この記事が参加している募集

#ゆたかさって何だろう

9,168件

締切:

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
東京・早稲田にあるユカイハンズ・ギャラリーと、出版レーベル・ユカイハンズパブリッシングの公式ツイッターです。主催:青山裕企

この記事が入っているマガジン

アシスタント日記|2020年5月
アシスタント日記|2020年5月
  • 21本