見出し画像

2020.12.14 | アシスタント日記(境)

こんばんはアシスタントの境です。

とうとう明日はアシスタント展の前夜祭、トークショーが開催されます。
と言う事で今日は今回自分が展示する暗渠ポートレイトの詳細をご紹介、今回この作品は3人のモデルさんに3ヶ所の河川跡の暗渠で撮影をしてきました、どこで撮ったのかを紹介したいとお思います。

画像1

まず一人め、ましろさんとともに巡ったのは宇田川初台川支流です、この河川は名前の通り初台にある河川、住宅地の中で湧水が見れる貴重な場所です、湧水はすぐ暗渠に吸い込まれ代々木八幡駅の近くで宇田川に合流します、この宇田川はそのままセンター街の下を流れて渋谷川に流れる河川で童謡「春の小川」のモデルにもなった河骨川も初台川と同じく宇田川の支流なんです、流路には橋の欄干も残り特異なロケーションを有します。

画像2

次に水窪川-音羽川暗渠、入澤優さんとめぐりました、池袋の美久仁小路付近を水源にサンシャインの横を通り神田川にそそぐ河川でユカイハンズギャラリーのすぐ近くにある暗渠です、首都高の通る神田川の合流付近には崖から湧き出る湧水があり、その切り立つ崖は23区とは思えないほど立派です。
ギャラリーで写真を見た後に見学に行っても損はない場所ですよ。

画像3

最後は十条にある北耕地川で美月さんを撮らせて頂いています、ここは石神井川から隅田川に農業用水を流すために作られた水路あとなのですがもともと湧水の多い小川だったらしく今でも湧水が残ります。
アスファルトで固められた地面にある湧水の洗い場などなかなかお目にかかれないロケーションと美月さんの魅力に迫った写真です。

以上3つの暗渠で今回は撮影させて頂いております。
かなりニッチな暗渠と言うテーマですがご興味ある方はぜひいらしてください。

1
写真家・青山裕企が主催する、東京・早稲田にあるユカイハンズ・ギャラリーと、出版レーベル・ユカイハンズパブリッシングの公式ツイッターです。主にアシスタントがつぶやきますが、たまに青山もつぶやきます。