2021.2.25 | アシスタント日記(大友)
見出し画像

2021.2.25 | アシスタント日記(大友)

春がやってきたように最近は暖かくて、朝コートを羽織ると昼には荷物になってしまう。。 昼と夜で温度が全然違くて困っちゃいますね。笑

自分は花粉症ではないのですが、花粉が飛んでくると、去年は黒一色の車が砂っぽくなってしまって洗車の頻度が上がってしまうのが個人的には怒なポイントだったりしますが、そんなん大した事ないだろ! と世の花粉症の人には怒られそうな気もします。笑

【撮影同行】

今日は初めてのグラビア撮影同行。 今までは青山さんが中心となって制作していた写真集の撮影だったり作品として残していくための撮影が中心だった為、商業的な完全に仕事としての撮影同行は初めてでした。 大きなスタジオと多くのスタッフの方々がいらっしゃって独特な雰囲気に緊張してしまいます! 青山さんは自然光を使う事が多いので、多くはレフ板を使って、いかに被写体の陰影をつけず、完璧な1枚を作り上げるか。という撮影がメインでした。 今までは屋外撮影が多かったので、自分は歩行者や自動車などを警戒しながら、椅子を拭いたりレンズを交換したりという事がメインでしたが、主にレフ板やライトを実際に動かす中で、自分自身がこの撮影結果に直接的に関わってるんだ。という実感がすごくあって、今まで以上に責任を感じました。 とはいえ私もまだまだ半人前で、レフ板がカメラに写り込んでしまったり、ガラスに反射してしまったり、未熟さが目立つ部分もあります! 写り込まない。けど、可能な限り近づいてモデルさんの陰影を無くして透明感を出していけるか。 逆にどういうタイミングはレフ板を出さないほうがいいのか。という事も含めて、テンポ感を邪魔せずに最良の結果に持っていくためにどう立ち回るのか、1日を通じてすごく考える1日でした!

写真家・青山裕企が主催する、東京・早稲田にある“ユカイハンズ・ギャラリー”と、出版レーベル“ユカイハンズパブリッシング”と、オンライン・コミュニティ“ユカイハンズ・カレッジ”の公式ツイッターです。主にアシスタントがつぶやきますが、たまに青山もつぶやきます。