2018.4.12|ギャラリー日記(岡野)

フリーになって運良くとても良いカメラマンと知り合うことができ、自分にない技術を目の当たりにして井の中の蛙感を味わっている。

幾度となく青山裕企氏の撮影について回ったけど、実際に現場に入ってその経験がものすごく活きている。実践続きの毎日であることに感謝です。

これも長くは続かないだろうなと思って、営業の仕方を模索中。今は年上の女性が撮りたい。

独立して10日、写真展『独立宣言』をしております。世界史を思い出すね。私たち、独立しました。

独立して何か変化があったかと言われれば、とてもあった。プロ意識が全然違う。今までもプロとしてカメラを向けていたけど、今はもっと責任を感じて、全て自分の責任、全て自分に返ってくると今までの倍くらい思っている。
個人から会社になった、みたいな感じ。
しかしこれが楽しい。なんていうか、カメラのマニュアルモードみたいな楽しさ。

展示はずっと不安で、これで良いのか?良くないのか?という気持ちを持ったまま、これで良いという確信が持てないまま設営をした。
これで良いかどうかは終わらないと分からないな。ということが、展示を始めてから分かった。

写真展はできればコンスタントにやりたかったけどしばらく出来なさそうな感じ。
今回大きな写真で見せられてよかったな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
東京・早稲田にあるユカイハンズ・ギャラリーと、出版レーベル・ユカイハンズパブリッシングの公式ツイッターです。主催:青山裕企
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。